FC2ブログ
2020-10-24(Sat)

幸せになる決意

自分の中でどういう人と付き合っていきたいか、そして仕事のクライアントとしてはどういう人をターゲットにするのか、少しずつ考えてる。

トラウマを解放してきて感じるのは、やはりプライベートでは安定型愛着の穏やかな人との関係を大切にしていくことになるだろう、ということ。

自分自身、ずっとトラウマが大きくて、神経系がぎっこんばったんしていて、心の機微みたいなものが失われてしまっていたけれど、やはりそういう人と関わる時は必ず自分が傷つくリスクを負うことになる。

今はあの頃の自分がどうして周囲の人に嫌煙されてしまったのか、よくわかる。感情が麻痺していた私は、無意識に周囲の人の気持ちも踏みつけてしまっていた。

自分がずっとそんな状態だったから、私は今トラウマで苦しんでいる人の状況もよくわかるけれど、でもやはりそういう人とプライベートで付き合う場合には、お互いに傷つけ合わない距離を保って付き合うしかないのだろうと思う。

プライベートでは、相手に与えられる影響も限られているし、そもそも勝手に介入することはそれこそ境界線の侵入になってしまう。

だから、トラウマで苦しんでいる人とは、主に仕事で付き合うことになると思う。

仕事であっても、トラウマで苦しんでいる人と付き合うということは、こちらもある程度傷つくリスクがある、というか、本当はあまり傷つかないところまで安定することが理想だけれど、そこまでの経験値を得るまでにはやはり傷つくことが前提になると思う。

そのリスクを覚悟でそういう仕事に飛び込む上で、やはり誰にでも仕事を提供できるか、というと、そんなことはない、というのが今感じていることで。

やはり本気で変わりたいと思っている人。

本気で幸せになると決意した人。

本気で世代間連鎖を断つと決めた人。

そういう人に私は仕事を提供したいと思う。

自分自身、19くらいの頃に

「絶対に私の代でこの連鎖を断つ」

と決意した。

そう決意できたことは、私の運命であり、本当に幸運だったと思ってる。

だけど、この「決意をする」ということは自分にしかできなくて、正直自分が決意をするまで、人は変わらないのではないかと感じてる。

私は自分と同じように決意して、

本気で変わりたいけど、やり方がわからなくて七転八倒してる

という人に自分の情報とエネルギーを提供したい。

うーん、でも今書きながら考えていて、やっぱり私が決意に至ったのにも、いろんな世界の先輩方の発信がたくさんあったなと思い至る、、だから、決意が固まらない人への情報提供というのも形を考えていきたいなと思う。

とにもかくにも

心からの意志

というのは、実は強い。

あらゆる感情を受け止め切り、嘆き切った先に、

「必ず幸せになる」

と決意する。

そうすれば、必ず私たちの優秀な脳、無意識は、私たちを幸せまでナビゲートしてくれる。

決めることが大切。

実際、そういう決意に今至っている人が一体どのくらいいるかはわからないけれど、とりあえずはそういう人をターゲットにすることになりそう。

あの頃の私のように、1人で決意して、何かわからないものと戦って、苦しんでいる人たちの力になりたい。

必ず幸せになれる。



19で決意して、30代前半の今、このくらいまでよくなれたことは、ただただ本当に幸運だったと思う。

同じようなトラウマの渦の中で、若い時代を全て棒に振ってしまった人、人生を棒に振ってしまった人、そういう人を両親含めたくさん見てきた。

確かにいくつになっても新しい人生を始めることは可能だ。

だけど、そういう人たちに対して私ができることは、ただ一緒に泣くことだけだと思う。

それでもいくつになっていても、今から幸せになる、と決意をしたら来てもらいたい。

一緒に泣いて、泣いて、泣いて、

そして新しい人生の門出を一緒にお祝いする。

そんな仕事ができたら、私もとても幸せなんじゃないかと思った。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

haakunmama

Author:haakunmama
30代前半、2歳の息子を育てています。
私の母は気持ちが不安定で、幼い頃から母の言葉や態度に傷ついて育ちました。私が二十歳になる頃、母は双極性障害と診断されました。不安定な両親との関係と生育過程で負った心の傷は私の気持ちをかき乱し、長年とても苦しみました。
心理学と出会い、多数の本、最新の情報と1つずつ出会いながら、夫と交際を開始。すくすく育ちの夫に支えられ、自分の過去と向き合いながら、生き方を変えてきました。
そして結婚。出産。

今度は私が「母」になる番。

我が子のことは傷つけたくない。でも普通の母を知らない、愛情不足で育った私が安定した愛情を注ぐのは日々手探り。。あまりに辛い乳児期育児に追い詰められ、ほとんど鬱のような状態に。。

その後、再度自分の生い立ちや生きづらさと向き合う必要を感じ、愛着障害、トラウマなどについてさらに勉強を始め、気持ちや考えを整理するためにこのブログを立ち上げました。

これまで、毒親、愛着障害、アダルトチルドレン、トラウマといろいろなことを調べ、試してきましたが、やっとうまくいきそうな方法が少しずつ見えてきました。
こちらのブログに自分の気持ちを書いてきたことが確実に私を前に進めてきてくれたように思います。いつもブログを読み、応援してくださっている方々には感謝の気持ちでいっぱいです。

現在は自分のトラウマ解消を引き続き目指しながら、同じように生きづらさに悩む方の役に立つかたちにできるよう、カウンセラーを目指して勉強、準備中です。

私の愛着障害は決して軽いものではなかったと今は感じていますが、確実によくなってきました。気持ちに振り回される、無感覚になる、何もやる気が出ない・・愛着障害にはいろいろな症状がありますが、神経系と記憶の問題と考え、神経系で未完了になっている防衛反応を完了させ、同時に記憶の処理を進めることで、硬直した心身がリラックスした状態へ変化する可能性があります。(そしてその可能性は比較的重症なケースでも高いと感じています。私自身は大学時代、一番ひどかった時期は講義以外のほとんどの時間をベッドの中で過ごしていました。現在は波はあるものの、朝から息子と元気に遊び、夜寝る前まで毎日活動できるようになりました。(息子がいるのでそうならざる負えなかったというのは大きく、息子が生まれたからこそさらにトラウマと向き合うことになったと感じています。))

今生きづらさに悩まれている方、育児困難に悩まれている方、親子関係に悩まれている方、鬱状態に悩まれている方、ぜひ諦めずに一緒に頑張っていきましょう!
よろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

その他
アクセスカウンター
RSSリンクの表示