FC2ブログ
2020-04-04(Sat)

コロナストレスケア

いつもお越しいただいている皆さま、いつもありがとうございます🙏
今日の記事は初めてお越しいただいた方を前提に書いています。よろしくお願いします🙏


コロナのニュースが増えていますが、コロナ疲れされている方はいらっしゃらないでしょうか?

たまたま個人的にストレスケアについて勉強していたので、情報共有させていただきます💡😃

私自身、刺激に敏感なタイプで、こういう状況は得意ではないのですが、上手にストレス発散しながら乗り切っていけたらいいですね。

アーティストや芸術、芸能活動をされていらっしゃる方のオンラインでの発信には、本当に元気づけられます😌
(私事ですが石田ゆり子さん、星野源さんのファンです💓☺️)

なかなか大変な状況ですが、みんなで頑張りましょう✨

(※私はストレスケアの専門家ではないので、ふーん、そんなもんか〜くらいでお読みいただければと思います💡どなたかのお役に立ったら幸いです(^^))

◯ストレスケア
・「今ここ」を意識する
・深呼吸
・体を動かす
・オンラインなどでなるべく人とコミュニケーションをとる
・自分の趣味や好きなことをする
・五感に集中してみる
・習慣的なルーチン作業に集中してみる

◯少し専門的なストレスケア法
・TFT(つぼトントン)、鎖骨呼吸法
・筋弛緩法
・自律訓練法
→日本産業カウンセラー協会やTFT協会のホームページに方法が掲載されています😌

◯おすすめの活動
・歌う
→副交感神経が刺激され、自律神経系の安定にいい作用が期待できます♪

・瞑想
・ヨガ
→どちらもやはり自律神経系の働きを安定化させる効果が期待できます☺️

◯おすすめの不安への対応法
◆恐怖や不安を感じた時は抑え込まず、あるがままに「体で」感じてみる。

→体のどこで感じるか?
(例:背中の筋肉が緊張している→そこを意識してじっと感じてみる)

→震えが出たり、皮膚の温度変化があったりすると防衛反応が完了できるのでいいようです。
(恐怖や不安を抑え込むと、体内の防衛反応が完了せず、防衛のために準備されたものがそのまま体内に残ってしまう可能性があるようです)

◆恐怖や不安を感じている自分と、その自分を見つめている自分の両方に気づいた状態を保つ。
→二重注意の気づきという状態です。
→この状態を保てるとネガティヴな感情に飲み込まれにくくなります。パニックにならず、落ち着いていることで免疫力、判断力アップが期待できます💡

◆ニュースをみる時間をある程度決める。
→ネガティヴな情報に触れ続けるとそれだけ体の中で防衛反応が起こってしまいます。そのため、ある程度接触時間を制限するとコントロールしやすくなると考えられます。このような状況ですので、どうしてもニュースをみる頻度は高くなると思いますが、見続けるのをやめるだけでも気持ちが変わるかもしれません😃

◆自分がコントロールできることに集中する。
→いろいろな情報が飛び込んで来ますが、その情報を受けた上で自分がコントロールできることに集中すると、気持ちが落ちつきやすくなります😌

◯健康の土台を見直して、免疫力アップを目指す⤴️
・良質で十分な睡眠
・規則正しい生活リズム
・適度な運動
・バランスのとれた栄養
・安心できる人間関係に身を置く
・マインドフルネス

→外出自粛ではありますが、アメリカでも心身の健康のためにお散歩は推奨されているようです。家族以外の人との接近は避けつつ、日光を浴び、自然の中を歩くことで気分が変わるかもしれません☀️(日照不足はビタミンD不足を招き、気持ちが落ち込む原因になります💡)

※日本ではサイクリングを推奨する専門家もいるようです💡

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

haakunmama

Author:haakunmama
30代前半、2歳の息子を育てています。
私の母は気持ちが不安定で、幼い頃から母の言葉や態度に傷ついて育ちました。私が二十歳になる頃、母は双極性障害と診断されました。不安定な両親との関係と生育過程で負った心の傷は私の気持ちをかき乱し、長年とても苦しみました。
心理学と出会い、多数の本、最新の情報と1つずつ出会いながら、夫と交際を開始。すくすく育ちの夫に支えられ、自分の過去と向き合いながら、生き方を変えてきました。
そして結婚。出産。

今度は私が「母」になる番。

我が子のことは傷つけたくない。でも普通の母を知らない、愛情不足で育った私が安定した愛情を注ぐのは日々手探り。。あまりに辛い乳児期育児に追い詰められ、ほとんど鬱のような状態に。。

その後、再度自分の生い立ちや生きづらさと向き合う必要を感じ、愛着障害、トラウマなどについてさらに勉強を始め、気持ちや考えを整理するためにこのブログを立ち上げました。

これまで、毒親、愛着障害、アダルトチルドレン、トラウマといろいろなことを調べ、試してきましたが、やっとうまくいきそうな方法が少しずつ見えてきました。
こちらのブログに自分の気持ちを書いてきたことが確実に私を前に進めてきてくれたように思います。いつもブログを読み、応援してくださっている方々には感謝の気持ちでいっぱいです。

現在は自分のトラウマ解消を引き続き目指しながら、同じように生きづらさに悩む方の役に立つかたちにできるよう、カウンセラーを目指して勉強、準備中です。

私の愛着障害は決して軽いものではなかったと今は感じていますが、確実によくなってきました。気持ちに振り回される、無感覚になる、何もやる気が出ない・・愛着障害にはいろいろな症状がありますが、神経系と記憶の問題と考え、神経系で未完了になっている防衛反応を完了させ、同時に記憶の処理を進めることで、硬直した心身がリラックスした状態へ変化する可能性があります。(そしてその可能性は比較的重症なケースでも高いと感じています。私自身は大学時代、一番ひどかった時期は講義以外のほとんどの時間をベッドの中で過ごしていました。現在は波はあるものの、朝から息子と元気に遊び、夜寝る前まで毎日活動できるようになりました。(息子がいるのでそうならざる負えなかったというのは大きく、息子が生まれたからこそさらにトラウマと向き合うことになったと感じています。))

今生きづらさに悩まれている方、育児困難に悩まれている方、親子関係に悩まれている方、鬱状態に悩まれている方、ぜひ諦めずに一緒に頑張っていきましょう!
よろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

その他
アクセスカウンター
RSSリンクの表示