FC2ブログ
2020-03-28(Sat)

考えるより感じる(女性の自己肯定感を上げるには?)

前々回の続きです。

この間、女性は社会的な背景もあって、無理をして男性的に頑張らざる負えなくなっているのではないかと思うと書いていたんですが、

今回はそんな女性に対して、男性はどうしたら気持ちを軽くしてあげられそうかについて考えてみました。

この間の記事を書いてから考えていたんですが、、男性側からの働きかけは結構大変そうだな、、と😅

なんというか、、女性は自分の本来の性質を無視して無理して頑張ることが

「正しい方向だ」

と社会からメッセージを受け取って育っており、それを信じきっていることが結構多いのではないかと思います。そして実際ここまでそうやって頑張ってきてしまっている、、

だからそういう女性に対して正面から、

「それはあなたの本来の性質を否定して、自分を不幸にする方向ではないですか?」

と直接言っても、おそらく受け入れられず、むしろ自分の努力を否定されたような気持ちになるんじゃないかと😩(実際私もそんな気持ちになったことがあったような😔)

だから、男性が女性をサポートしようと思った場合、女性が頑張っていることを、直接的に否定することは、たとえどんなに変な状態だったとしても、あまり有効じゃないのかもしれないなと思うんです。

無理をして、汲々として、辛そうにしていたとしても、直接否定したりアドバイスするのではなく、とにかく

「自己肯定感が上がるように」

サポートするしかないのかな、と😅

自己肯定感、すなわち、ありのままでいいんだ、という感覚が上がれば、無理に自分らしくない方向に頑張らなくていいと思えるようになるんじゃないかなと、自分の経験的になんとなく感じます。

ここからは本当に私の経験的な話なんですが、女性の自己肯定感を上げるのに有効そうなことを3つ挙げてみたいと思います。

まず1つ目が

「共感」

です。

とにかく否定せずに、うんうん、と話を聞き、たとえいまいちわからなくても、とりあえず気持ちを理解しようと努める。

私の場合はそれだけでちょっと心が軽くなりました☺️

そして、2つ目は

「褒める」こと。

女性が無理をしている行動自体を褒めると逆効果になってしまう可能性もあると思うんですが、その人本来の性質を褒めてあげると気持ちが緩む方向に進みそうな気がします。

例えば、男性的な会社で無理をして頑張って疲れている女性を褒める場合、

「なんでも頑張って偉いね」
(←仕事自体ではなく、頑張り屋さんの性質を褒める)

「今日も綺麗だね」
(←全然関係ないことを褒める)

というようなイメージです。

この1つ目は私の夫が実際に似たようなことを言ってくれたことがあるんですが、

私はその時、夫が私自身の性質を認めてくれていること、ただ同時に、今私が頑張っていること自体にはあまり賛成していないことを感じました。

夫と生活する中でこういうことが繰り返され、そのことが私が自分の価値観や生き方を再度考えようと思うきっかけになっていったような気がします。

また、とにかくありのままの性質のほうを認めてもらっていると感じたことで、

「私ってそのままでもいいのかも?」

と思い直すことも多々ありました。

共感、褒め言葉の次に、最後に挙げたいのが

「プレゼント」

です。

これはそんな大したものでなくていいと思うんですが、

大事に思っているというメッセージを言葉を使わずに女性に伝えることができる方法じゃないかなと思います。

なんでもない日にちょっとしたプレゼントを贈ったり、帰り道で見つけたちょっと美味しそうなお土産を買って帰ったり、、☺️💓

「私ってなにもしなくても大切にされてる」

と感じられるのがポイントです☝️✨笑

我が家の夫は理系くんかつシャイボーイで、言葉では滅多に褒めてくれないんですが、、(「もっと褒めて」と自分で定期的に言ってみている私です、、🤣笑 でも変わらず🤣笑)

その代わりなのか、わりと頻繁に新しいお菓子を買ってきてくれます☺️笑

小さなことですが、そんなことで私はとっても幸せを感じていたりします☺️笑 (気に入らないお菓子だった時はあまり喜べませんが、、😅笑 それでも買ってきてくれたことはちょっとは嬉しかったり🤔機嫌によっては嬉しくなかったり、、😅🙏)

書いていて思ったんですが、これって一昔前の昭和のお父さんが、お母さんにお花やお菓子を買って帰ってた感じですよね😅💦

そういう風習って共働きが増えて減ってきたんですかね?今でも残ってるんでしょうか?

なんだか最近、人間は自分たちの理性・思考(大脳皮質)を過信しすぎる?重視しすぎる?ことでいろいろ生きづらさの問題が起きるんじゃないかとトラウマ関連の勉強をしていて思い始めました😅

昔のお父さんたちはわりと感覚的、本能的にお土産がお母さんを喜ばせることを感じていたのかもしれません、、

でも今時は「男女が同じように」することがいいと頭で考えて行動するから、うまくいかなくなるのかな、と😅

感じるままに。

考えるより感じる。

あるがままの感情を大切にしていくことが、結局大事になってくるのかなと思ったり😌

ただこれがいろいろな感情を抑圧して感じられないから問題がややこしくなってくるんですよね、、、😱

結局また同じところに戻ってきてしまいました😅

なんだか最後飛んでいってしまいましたが😂🙏男女関係についての話は一旦終わりにしようと思います😊

お付き合いいただいてありがとうございました🙏💓😊


話は違うんですが、今日は一度メールブロックされた伯母からメールが届き、、食べ物を送ったと書いてありました😔😱おそらくメールブロックされたことに私が気づいていないと思っているんだと思うんですが、、、

うーん、、、

どうしよう〜😓

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

haakunmama

Author:haakunmama
30代前半、2歳の息子を育てています。
私の母は気持ちが不安定で、幼い頃から母の言葉や態度に傷ついて育ちました。私が二十歳になる頃、母は双極性障害と診断されました。不安定な両親との関係と生育過程で負った心の傷は私の気持ちをかき乱し、長年とても苦しみました。
心理学と出会い、多数の本、最新の情報と1つずつ出会いながら、夫と交際を開始。すくすく育ちの夫に支えられ、自分の過去と向き合いながら、生き方を変えてきました。
そして結婚。出産。

今度は私が「母」になる番。

我が子のことは傷つけたくない。でも普通の母を知らない、愛情不足で育った私が安定した愛情を注ぐのは日々手探り。。あまりに辛い乳児期育児に追い詰められ、ほとんど鬱のような状態に。。

その後、再度自分の生い立ちや生きづらさと向き合う必要を感じ、愛着障害、トラウマなどについてさらに勉強を始め、気持ちや考えを整理するためにこのブログを立ち上げました。

これまで、毒親、愛着障害、アダルトチルドレン、トラウマといろいろなことを調べ、試してきましたが、やっとうまくいきそうな方法が少しずつ見えてきました。
こちらのブログに自分の気持ちを書いてきたことが確実に私を前に進めてきてくれたように思います。いつもブログを読み、応援してくださっている方々には感謝の気持ちでいっぱいです。

現在は自分のトラウマ解消を引き続き目指しながら、同じように生きづらさに悩む方の役に立つかたちにできるよう、カウンセラーを目指して勉強、準備中です。

私の愛着障害は決して軽いものではなかったと今は感じていますが、確実によくなってきました。気持ちに振り回される、無感覚になる、何もやる気が出ない・・愛着障害にはいろいろな症状がありますが、神経系と記憶の問題と考え、神経系で未完了になっている防衛反応を完了させ、同時に記憶の処理を進めることで、硬直した心身がリラックスした状態へ変化する可能性があります。(そしてその可能性は比較的重症なケースでも高いと感じています。私自身は大学時代、一番ひどかった時期は講義以外のほとんどの時間をベッドの中で過ごしていました。現在は波はあるものの、朝から息子と元気に遊び、夜寝る前まで毎日活動できるようになりました。(息子がいるのでそうならざる負えなかったというのは大きく、息子が生まれたからこそさらにトラウマと向き合うことになったと感じています。))

今生きづらさに悩まれている方、育児困難に悩まれている方、親子関係に悩まれている方、鬱状態に悩まれている方、ぜひ諦めずに一緒に頑張っていきましょう!
よろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

その他
アクセスカウンター
RSSリンクの表示