FC2ブログ
2020-01-16(Thu)

自分の感情を裁いてしまう癖を変える、おすすめのアファメーション

この間、メンタライジングには、ジャッジメントを手放すことが重要だ、ということを書きました。

(※メンタライジング:自分と他者の行動の背後にある心理状態(考え、感情、欲求など)に注意を向け、それを認識すること。育児、カウンセリングなどでは、メンタライジング的姿勢(非審判的探求性)が重要と考えられている。)

ただ、このジャッジメントを手放す、というのが、とても難しいと私自身いつも感じています。

機能不全家庭育ち(毒親育ち)の場合、まず昨日書いたように、幼い頃に無意識に自分についてのネガティブな信念を身につけてしまい、その前提で生きているらしく、何も意識しないととにかく自分をジャッジし続けることになります。

例えば私の場合、
「私には価値がない」
「私のことは優先されない」
「私の話は聞いてもらえない」
といった信念があり、いつもその前提で自分をジャッジしているように感じます。

たとえばふと気づくと、ちょっとした失敗で
「あ〜やっぱりこんなだからダメなんだ」
と思っていたり、
「こんな小さなことで傷ついたり、悩むなんて、私は弱いんだ」
と思っていたりします。

そしてそれに気づけるようになったのが、本当に最近、昨日おすすめ本に挙げた本(『子供を生きれば大人になれる -インナーアダルトの育て方』クラウディア・ブラック著)に取り組んでからです。

私はそれまでずっとそんな信念に気づかずに自分を責め続け、自己肯定感を下げ続け、コントロールしようとすればするほど悪化する感情と戦い続け、疲れ果てていたのだと思います。。

無意識の信念の書き換え方は、このクラウディア・ブラックさんの本によると、まずその信念を持つに至った幼い頃の出来事を思い出し、「自分はそういう無意識の信念を持っているんだ」と気づくことが大事なようです。

私も気づいてから、その信念に基づいて自分を責めている時に「あっ!」と思うようになりました。

そして、信念に気づいてから後は、その信念を書き換えるために、新しい価値観を繰り返し自分に浸透させていくことが大事なように思います。

私が実際にやってきた方法としては、

・アファメーションを毎晩唱える
・自分が新しく身につけたい価値観に近い人の本やブログを毎日読む
・なるべく嫌な感じのする人からは遠ざかる

の3つが挙げられます。

毎日繰り返し新しい価値観に触れていくことで、だんだん慣れていき、最近は以前より大分早く自分の無意識のジャッジに気づけるようになってきました。

今でも体調が悪い時などはジャッジに気づいてもなかなかネガティブな感情と思考のループから抜け出せないこともあります。それでも1日中調子が悪い、というようなことはずいぶん減りました。

以前の私は何日も、あるいは何週間もずっと調子が悪い、ということがよくありました。

思い返すと、両親と連絡を取らなくなってから、圧倒的に気分の回復がよくなったように思います😅
どうしても両親と連絡を取ると古い価値観のほうの思考回路が刺激されるのか、また具合が悪くなるんですよね😅

そのため最近は両親と近い価値観の人ともあまり付き合っておらず、お付き合いのある人は今までとは違うタイプの人が増えてきました。

そうなってくると、さらにどんどん自分の価値観も変わっていっているような、加速していくような感じがあります。

ただ私自身、今日もまた新しく無意識に持っていたネガティブな信念を発見した気がしていて😅

このジャッジの癖を修正するのは、かなり長い道のりだと感じていますが、それでも毎日繰り返せば必ず変わっていくのだと思います。

下記に私にとって役に立ったアファメーションを記載しますので、よろしければ参考にしてください。

私は毎晩寝る前に暗唱し、また生活の中で選択に迷った時にこの価値観に基づいて判断するようにしていました。

最近は大分身についてきたので意識的に暗唱したりすることはやめたのですが、それでも時々思い出して確認すると、心がほっとする感じがあります。

◾️おすすめのアファメーション
・今日、私はとてもよくやった
・私はそのままで愛される価値がある
・私は自分のことを第一に考えていい
・失敗してもいい、まちがってもいい。失敗から学ぼう。
・私は成長し続ける
・私にはサポートしてくれる仲間がたくさんいる

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

haakunmama

Author:haakunmama
30代、もうすぐ1歳になる息子を育てています。
私の母は気持ちが不安定で、幼い頃から母の言葉や態度に傷ついて育ちました。私が二十歳になる頃、母は双極性障害と診断されます。不安定な両親との関係と生育過程で負った心の傷は私の気持ちをかき乱し、長年とても苦しみました。
心理学と出会い、多数の本、最新の情報と1つずつ出会っていったことによって、傷だらけだった心は少しずつ少しずつ軽くなり、何年か前に大きな傷は癒されたように感じました。

そして結婚。昨年出産。

今度は私が「母」になる番。

我が子のことは傷つけたくない。でも普通の母を知らない、愛情不足で育った私が安定した愛情を注ぐのは日々手探り。
そんな私の現在の育児の模索の日々や過去の振り返りを書いていけたらと思います。

過去については、毒親?愛着障害?アダルトチルドレン?トラウマ?といろいろなことを考え、多様な本に出会いました。
そういった本や情報の振り返りもできたらと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

その他
アクセスカウンター
RSSリンクの表示